ポジティブ思考そのものが好きになれないなら、無理してポジティブ思考なんかになる必要はない

DSC01853-thumb

ポジティブ思考ってありますよね。

あれ、みなさん、なりたいですか?

わたし、よくよく考えると、ポジティブ思考が好きになれないというか、むしろ嫌いなくらいですわ(笑)

実は、そもそもポジティブ思考になりたくないのに気付いてしまいました。

壁にぶち当たって精神的に参ってるときに「乗り越えられない壁なんて無い」とか「すべての出来事に意味がある」とか「プラス思考でいけば大丈夫!」とかで響くかという話なんですよね。

これで響いて、素直にポジティブ思考になれる人はそれに越したことないです。

ポジティブ思考大好きでOK。

問題はそんな言葉でまったく響かない人。

わたしはさっぱり響かないどころか、そんな綺麗事言われても「やかましいわ、こっちはしんどいっちゅーねん!」となります。

むしろ、精神的に参ってネガティブになってる自分を否定されてるようでつらいんですよ。

ポジティブ思考になれない自分はダメだと感じて、さらにマイナススパイラルに入っていっちゃう。

元気の押しつけは逆効果でしかないと思うんですよね。

そもそもこの言葉は、壁を乗り越えた後に結果として出てくるもので。

それを苦しい状態で言おうとしても、もやもやする。

ここでコーチングだと徹底的に未来志向というのが基本だから「壁を乗り越えた後の自分になりきって云々」と、コーチ仲間に言われたんですけど、ぜんぜん響かなかったどころか、責められてるかんじできつかったんですよ。

理屈としては正しいし、そうするのが理想なんだろうけど、ぜんぜん響かない。

そして、響かないなら、今はそれは違うんですよね。

そもそも気持ち的に参ってるから落ち込みたいんですよ。

まずはゆっくり休んで、元気になりたいわけで、そのために心が「落ち込む」という反応をしているんですよ。

それを無理にポジティブ思考に持っていこうというのは違うと思うのです。

今になって気付いたのですが、わたしのゴールは「常に自然体でいること」だから、無理してまでして「壁を超えた自分になりきって云々」は望んでないんですよね。

わたしの場合、こーいうときは、とりあえず共感がほしいんですよね。

共感してもらって、疲れてる自分を認めて、好きなことをやって心を元気にしていって、それからなんですよね。

だから、せめて自分自身が共感してあげなきゃ話になりません。

壁にぶちあたってつらいんだね、しんどいんだね、がんばってるね、大変だよね、と自分自身を認めてあげること。

そこを否定して、無理してポジティブ思考になろうとして「超えられない壁はない」「これには意味があって、越えた先は次のステージにいける」「壁を乗り越えた自分になりきって」とか言い出すのは間違ってます。

そーいう言葉は、それがしっくり来るときにつかうのが正解で、しっくり来ない時は違うんですよ。

もっと自分の感じていることを信じてあげましょう。

あなたが元気になれるものが、一番正しい。

ポジティブ思考で元気になれないのなら、今はそれは違うんです。

こんなわたしでも、元気いっぱいで調子の良い時は自然とポジティブ思考になれますし、そーいう時はポジティブ思考は嫌いじゃないです。

なんかこう、調子の良い時は自然となれるものだけど、調子の悪い時はなかなかなれないどころか、むしろ逆効果になるかんじ。

…あれれ、なんか肝心なところで役に立ってないやん(;´Д`)

ネガティブな言葉しか出てこない時は、それでいいのです。

ネガティブ状態は、今の状態がまずいという心のサインだから、むしろ無理してポジティブ思考にもっていくのは危険です。

可能な限りまわりの雑音を排除して、余計なことを忘れて、今を楽しめることをしましょう。

自由な時間は、合わないものは全部遮断して、好きなことだけをしましょう。

もしもポジティブ思考がしっくり来ないなら、遮断すべし。

基準はただ1つ「自分の心が元気になるかどうか」だけです。

あなたが元気にならなければ、それはどんなに理にかなったものでも、今のあなたにとって何の役に立たないものなのです。

だから、自分が好きなこと、やりたいことをやるのです。

で、まずは元気を取り戻して、不要な情報を遮断して惑わされないようになって、そこからです。

でも、好きなことをやるにしても、ただ漫然とやってただけでは、状況は好転しないんですよね。

やってるときは元気いっぱいで楽しいんだけども…

わたし自身がさんざんやって確認しました(;´Д`)

となると、ちょっとだけひねりを入れる必要があります。

そこで、次回は「好きなことをやるときのコツ」ですヽ(´▽`)ノ

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です