根拠のない自信を持つには、最低限の元気を得ることが必要

_B8A5307

コーチングって、結局はゴール設定とゴール達成への自信がすべてだと思うんですよ。

でも、精神的に参ってるときって、どーーしようもないんですよね。

「現状の外側をぶっ飛んだゴールを作ろう」とかいっても無理がある。

根拠のない自信をもとうといっても、無意識に自分を責めてしまう状態。

というわけで、わたしは気付きました。

最低限の元気がないと、コーチング理論は使いこなせません。

むしろ毒になります。

…いや、使いこなす人いるかもしれませんので、絶対とはいえないけど、わたしは無理でした。

で、本来その役割はコーチなんですよね。

ひたすら気分をあげてくれて、なんか出来そうな気にさせてくれるのがコーチのお仕事の1つ。

それ無しに理論だけ言われても、無理がありますわ…

むしろ、使いこなせない自分を責めるだけで悪化しかねませんというか、わたしはそうでした。

最低限の元気すらない人は、なんとかして最低限の元気を取り戻しましょう。

やりたいことをやったり、自分のやりたいことを肯定してくれる仲間と話したり、お金や地位や実績は一切関係ない交友関係を楽しんだり、なんか好きなマンガでも読んだり。

まずは自分のやりたいことの肯定、そして周りの価値観はどーでもいいということで、合わない人から出来るだけ離れる心理的ひきこもり。

仮に物理的には無理だったとしても心理的には距離をとりましょう。

そして、とにかく自分には良いところがたくさんあって、自分の良いところをいかせば、やりたいことは出来るという気持ちになること。

わたしの場合は、困ったときはコーチに泣きつくメールしてますw

返信がなかったとしても、大体、半日くらいしかたら自己解決の方向に向かっていきます。

なんかこう、とりあえず気持ちをあげてくれる人、泣きついてもいい人、そーいう立ち位置かなぁ…

逆に、コーチングのスクールで同期の人とやりとりしてて、理論メインで語られて、今のわたしの気持ちを肯定してもらえなかった時は、なんかむしろ理論を使いこなせない自分を責められてるようでつらかったです。

気持ちをあげることをしてもらえないと、なんか逆に参るだけなんですよね~

まぁ、参ってる時は誰でもまずは共感が欲しいものです…

というわけで、このブログはとにかく読んでるあなたの気持ちが上がるようにします!

…と、今思いつきました(笑)

あまりにも参ってる人は、コーチング理論はいいし、働きたくないの達成方法は後でいいから、とにかく気分をあげましょう!

そっちの方が先です。

落ち込んでるときに成功法則なんて考えても無理だし、アイデアも出てきません。

そう、働きたくないを実現させるには、最低限の元気が必要なのです。

どーにもならない人は、わたしがもうちょい元気になったら、トライアルコーチングを受けつけますので、申し込んでくれれば、全力で気持ちが上がるように持っていきます。

でも、ブログだけで気持ち上がるなら、それに越したことないです。

というわけで、コーチングの前段階の「最低限の元気を得る」もテーマにしていこう…

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です