根拠のない自信を持つには、まずは心のブレーキを外していこう

hakama_kajyuji08

前回に続いてエフィカシーのお話。

前回の話だけで根拠のない自信を持ててる人はそれでおっけーです。

この記事は読まないで次に行ってください。

問題は、そうも行かない人。

くどいですが、書いてるわたしが現在進行形でそれです(笑)

根拠のない自信を持つことが重要という話ですが、そもそもそれが持てないから困ってるっちゅーねん!

理論学んだくらいでそんなもん持てたら苦労ないっちゅーねん!!

何やってもさっぱり上手くいかないままで自信なんか持てないっちゅーねん!!

…とまぁ、優等生のコーチなら絶対こんなことは言わないでしょう。

でも、わたしは劣等生なダメ人間なので平気でこんなことを書く。

このブログはひたすら等身大の私を出して、一緒に登っていこうというブログだから、ネガティブなことも平気で書くのです。

何もかも上手くまわらずに参ってて、下がる時は下がるし、「エフィカシーを下げる必要はない」みたいな他人事みたいな理屈じゃなくて、具体的な対策を考えるのも必要です。

だから、うまくいかない時は自信がもてないし、根拠のない自信をもつには無理があることはもう受け入れよう!

そこで「じゃあどうしようか」と考えるのです。

そもそも、エフィカシーが上がらない理由に、「根拠のない自信を持ってはいけない」というブレーキがかかっている可能性があります。

なんかこう、謙虚であるべきとか、結果出てないでボロボロなのに自信があってはいけない、みたいな。

というわけで、まずはここから切り崩していくのです。

他のコーチングブログでは「アファメーションを唱えてうんたら」とかありますが、ほんとにボロボロの状態では、それすら出来ないものです。

わたしの場合、なんか知らないけど「やっちゃダメ」ってブレーキかかって動けませんでしたから!

そこからなんとかしていきましょう。

「もっと自分に自信をもっていいんだよ」

はい、みなさんご一緒に! 出来れば口に出して!

「もっと自分に自信をもっていいんだよ」

とりあえずはここからです。

いきなり自信を持とうとしても無理があります。

毎日のように「もっと自信を持っていいんだよ」と口に出して、自分に言い聞かせてあげましょう。

録音して、エンドレスで流してもいいです。

とりあえず、率先して自分で録音したのをあげておきます。

あまり声をアップしたくないのですが、それを晒す覚悟をもってやりました><

というわけで、ぜひ、あなたもやってみてください。

めんどくさかったり、自分の声でやるのがイヤなら、1000円くれれば、わたしが「○○さんは、もっと自信を持っていいんだよ☆」と吹き込んだ音声をあげます!(笑)

連絡先はこちら☆

さりげなく変な商売をはじめてみましたが、1000円払うのが嫌ならスマホのアプリか何かで自分で吹き込んでみてください(笑)

これをエンドレスで聞いて、自信を持っちゃダメと自己洗脳してたのを、さらなる自己洗脳で上書きしてやるのです!

まずは、根拠のない自信を持っていいと自分に許可してあげましょう。

それが出来れば第一段階終了です、たぶん。

なんで「たぶん」なのかというと、わたし自身が現在進行形でやってるところだから(笑)

第二段階は、「わたしは自信満々で胸をはって生きています」とか録音して、同じく自己洗脳していきましょう。

こっちも率先して録音したのをあげておきます。

こっちもわたしに言って欲しい人は、「自信をもっていいんだよ」とセットで1000円でやりますので、連絡ください(笑)

わたしの場合は、今はやっぱ「もっと自信をもっていいんだよ」くらいの方がしっくりくるかなぁ。

自信満々にならなくていいから、まずはそれなりに自信があるくらいに持っていこうとして、その過程で「もっと自信をもってもいい」というのが心底納得できたら、自信満々に向かうようにゴールを変えるかんじ。

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です