全日本働きたくない協会サミット レポート

2017-02-18 15.16.48

本日開催の働きたくないサミット終了ヽ(´▽`)ノ

今回はゆるゆるーっと甘い物を食べながらお話する働きたくない女子会になりました☆

埼玉から来てくださった方もいて、とても楽しくお話できましたヽ(´▽`)ノ

お話の内容は、働きたくない思い、既存の価値観に合わせられない話、どう生きたいかといった話に加えて、海外留学した方の体験話やひきこもりがちだったという話とか、本音でいろいろ話せる感じの場になりました。

話していて、「働きたくない」という前提で、ガマンするんじゃなくて

「まずは自分の気持ちを肯定して元気になろう」

「共感し合える仲間で集まろう」

「じゃあどうしていこうか」

ということを本音で話せる場ってないし、必要だなーと感じました。

こんなかんじで需要はありそうだから、関東でも開催したいですねー

出来れば全国まわって、文字通り「全日本働きたくない協会」にしていきたいなぁ。

で、参加した方専用のライングループなり掲示板でも作って、働きたくない前提で色々交流できたら楽しいなぁと思いました。

問題は交通費ですね><

とりあえず、大阪では月1回くらい開催したいと思ってますー

どーも今まで、こーいうのって「根本的な解決方法が必要」と思ってましたが、まずは自分の「働きたくない」という欲求を認めて、なおかつそれを共感し合える仲間と安心して話せる場を作るのが重要かなーと思いました。

「働きたくない」って否定されがちですし、「みんなそう思ってるけど仕方がない」という風になって、相手にしてもらえなかったりするんですよね。
その辺、ガマンできない人もいて、どーしても病んじゃうんで、そーいう人が安心できる場を作って、まずは元気になることが第一ですね。

具体的な解決策はその次なのかもしれません。

コーチングで「現状の外側のぶっ飛んだゴール」とか「未来志向」とかいっても、疲れてるときは何やりたいかもわからないし、あんまりポジティブな場は劣等感を感じちゃうんですよね。

そもそもそう簡単に心の底からやりたいゴールなんて見つかりませんしね…

そーいう場合は、まずはなにより「自分の感性を肯定してもらえる場」というのが重要だなーと思いました。

ゴール云々はそこからの問題で、収入を得る手段もゴール次第だから、まずは「働きたくない」を肯定できる場を作って、元気を出せるようになることからかなぁ…

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. クラァ より:

    ゆきにゃんのゴールは、いつまでも皆で楽しく話し合いを続ける事。
    参加者が真実に到達する事はない。永遠にッw

    • ゆきにゃん より:

      いやいやいやいや(笑)
      「働きたくない」という思いの根源に到達して、さあこれからどうしようっていう話なので、まさに「真実に到達」ですよー
      「働きたくない」といいつつ「仕方ないから働く」という行動こそが、永遠に真実に到達しない行為なのです!
      逆に、真実に到達しようとするからこそ、解決が難題になるんですけどねー

      「真実に到達」っていうキーワードいいなぁ…
      そもそもなんで働きたくないかを把握しなけりゃ、真実に到達できるわけがないですよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です