大半の人は善良なので好き放題しても悪い方向にはいかない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わたしが思うに、世の中の大半の人は根本的に善良だと思うんですよ。
性善説になるのかなぁ…

あくまで「大半の人」であって、全く良心の存在しないサイコパスと呼ばれている人も多数存在しています。
アメリカでは25人に1人、日本ではその10分の1と言われています。

サイコパスについてはこちらの書籍で詳しく解説されています。

良心をもたない人たち (草思社文庫)

実際に良心の存在しない人はこれだけいるわけですが…

裏を返せば、それ以外はみんな良心が存在していて、善良なんですよね。

だから、変にガマンせずに好きなことをしても、さほど悪い方向にはいかないんじゃないかなぁと。

出来れば人を傷つけたくないですよね。
傷つけられた人はつらいし、それを考えると良心が痛みます。

だから、もしもなんでも出来るなら、わざわざ人を傷つけるようなことをしてお金を稼ぎたくないわけで…

どうせなら、人に喜んでもらって、その上でお金をもらいたいですよね。
自分が好きなことをして、人に喜んでもらえれば、それだけでも嬉しいですし。

そう考えると、本当にやりたいことって「みんなを豊かにして、自分も豊かになる」ってことなんじゃないかなぁと。

人から奪うのは「そうするしかない」と思い込んでるからだと思うんですよ。

でも、ガマンしちゃうと怒りがたまるんですよねぇ…
怒りがたまると攻撃的になっちゃう。

それで他人を傷つけて、良心も傷んで。

それはとっても悲しいなって。

本当に「好き放題する」というのは

・自分が大好きなことをやりまくる
・その上でみんなに喜んでもらえるようにする
・そして対価をいただく

ということなんじゃないかなぁと。

それが出来ないから悩んでいるという人が多いのですが、なんか我慢大会のサイクルになってしまっていると思うんですよね…

もちろん、自分が好きなことで、みんなに喜んでもらって、さらに対価をいただけるようになるというのは、時間がかかることです。
今すぐにというのは無理です。

じっくりと自分を磨いていって、みんなに喜んでもらうだけのものを身につけなければなりません。
さらに対価をいただくとまでなってくると、結構なハードルです。

ただ、「好きなこと」であれば、それは十分に超えられるハードルなんじゃないかなーと思うのです。

この部分については、ワタミ社長の名言(迷言?)を使ってもいいと思います。

無理というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。
途中で止めてしまうから無理になるんですよ

「自分は、大好きなことをして、みんなに喜んでもらって、それで対価をもらって生活していけるんだ」という高いエフィカシーを持つことが重要ですね。

それなのに、世の中には自信をなくさせる言葉であふれていて、我慢大会が当然になっていると思うのですよ。

いきなりすべてのガマンをやめることは出来なくても、少しずつガマンをやめていけば、世の中はもっと希望に満ち溢れるんじゃないかなーと思うのです。

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 骨川筋男 より:

    いくつかどうしても聞きたい事が有ってコメントします。

    「裏を返せば、それ以外はみんな良心が存在していて、善良なんですよね。」
    ・サイコパスは善良ではない。すなわちサイコパス=「悪」とお考えでしょうか?

    「好きなこと」であれば、それは十分に超えられるハードル」
    ・特に「好きなこと」を持たない人は、どうすれば良いと思いますか?
    ・「好きなこと」が他者に対して明らかに非生産的、あるいは犯罪的である場合は?

    • ゆきにゃん より:

      わたしもまだまだ手探りなんで、あくまで1つの考えとして受け取ってくださいということで回答をー

      >サイコパスは善良ではない。すなわちサイコパス=「悪」とお考えでしょうか?
      サイコパス=良心をもってない=善良ではない
      一般的な良心をもっている人からは悪と判断されるかなーと。
      まぁ良心を持っている人が多数派だから、そうなるのかもしれませんね。

      >特に「好きなこと」を持たない人は、どうすれば良いと思いますか?
      これ、本当に何にもないんですかねぇ…
      実は何かあるけど、気づいていないだけなのか、本当になにもないのか、それがわからないんですよ。
      永遠の謎ですね…

      >「好きなこと」が他者に対して明らかに非生産的、あるいは犯罪的である場合は?
      好きなことが殺人の場合は、理想的には妄想で殺人を繰り返しまくって、色んな殺し方をあみだして、物語にするとかはどうでしょうか。
      今までにない殺し方を必要としている作家はいるだろうから、そういう作家と組むとか。
      非生産的なことを無理やり生産的な方法につなげるのが重要です。

      ただ、それがめんどくさいし、そもそもそれ自体をやりたくないんじゃないか、というのもあるんですよね><
      そこんとこが難しいものです…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です