高額を取ることに抵抗があるけど、あんまり安くでするのはイヤ

hankyu_french16

働きたくない理由シリーズ。

今回は、自分で個人セッションなどをするときに感じる「働きたくない」に向き合っていきます。
「人に使われたくない」というのはわかりやすいのですが、こちらはまた違った葛藤があるんですよね。

わたしはコーチングを学んでいるのですが、コーチングって高いんですよ。

月1回90分のセッションを6ヶ月で30万とか。
高い人だと100万とか200万とか(笑

いやー、100万とかは頭がおかしい値段!(笑

わたしもきっちり講座を受けてセッションできるようになったんだけど、これを自分が出来るかというとブレーキかかりますね(笑

・こんな金額とるだけの価値を提供する自信がない
・数十万とると、クライアントの人生を激変させないとというプレッシャーがすごい
・こんなのをブログで募集してたら怪しいと思われそう

こんなかんじでしょうか。

かといって、安い値段ではやりたくないんですよね。

・安い値段だとクライアントも本気度が薄いので変わりにくい
・自分も「この値段だし」となって、お互いなぁなぁになっちゃう
・お互いに時間を割く必要があるのにこうなると無意味
・あと、やっぱり自信がないのかも

で、以上を一言でいうと「なんかめんどくさい」になって思考停止しちゃうんですよね。

あと、問題なのは「自信がない」なんですけども。

たぶん「一発で結果を出さなきゃいけない」と考えちゃうんでしょうね。
一流のコーチでも、全員を一発で変えるのははっきりいって無理と思いますわ(笑

やっぱ自己変革のスピードには個人差があります。
その人の本気度にもよるし、今までどれだけ自分と向き合ったか、というのもあるわけです。

わたしがその気がなくさらっとコーチングしただけでも、激変した人は何人もいるんですよ。

「人生においてこんな濃いやりとりをしたのははじめて」とか。
「その後、コーチングにはまって、教え子に試したらみんな結果が出た!」とか。
「ちょっと人生よく考えてみる」とか。

効果のある人は一発で効くのは確かなんですよ。

でも、よくしてあげたいなーと思った人は、たいして変わってなかったりするんですよね。
うーん、邪念がまじってるからなのかなぁ…
それとも、水面下で変わっていってるのかな…

この辺、わたし自身が目に見える結果にとらわれすぎているのかもしれませんね。
お金もらっちゃうと特にそうなっちゃいそう。

こーいうのは、自信満々でどっしり構えて、「わたしがやってるんだから間違いない」と思うことなんでしょうね。
結果的にその自信が伝わるというか。

こう考えたら、なんか高すぎず安すぎず、ほどほどの値段ではじめるのもいいかなーと思えてきました(笑

これ、結局何もしないっていうのは、現状維持メカニズムに引っ張られているってことなのかもしれませんね。
やっぱり「働きたくない」は奥が深いです。

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です