「やりたいこと」を探すために自分探しの旅をするのもいい

大道芸人から学ぶ「好きなこと」をやっていくということ

という記事で、「やりたいことが見つからない」という人は、とりあえず色んなことに挑戦してみるといいのかもしれませんね。」という話をしましたが、今回はそのお話です。

「自分探しの旅」というと、なんか逆に安っぽく感じるかもしれませんが、「何をやりたいのかわからない」という人は、普段やらないことを色々やってみるといいと思うんですよ。

内面に向き合ってわからないときは、新しい風を取り入れることで、自分が見えてくるかもしれません。

わたしの場合は、ある程度自由になったあと、自分がどうしたいのかを求めて

・普段読まないような色んなジャンルの本を読む
・博物館や観光地をめぐる
・色んなジャンルの人の話を聞く

といったかんじで、自分の外側の世界に触れるようにしました。

特にわたしの場合、性別の問題で自分のことでいっぱいいっぱいだったんで、内向的すぎて、外側に目が向かなかったんですよ。
だから、どんどんお出かけして、色々なところにいったり、いろんなことを知るのは、とても刺激的でした。

最近は、近所の行ったことのないラーメン屋を制覇してみたりと、出来るだけ新しいことに挑戦してみるようにしています。

で、結局、それで何が見つかったかというと、

「色んな所に行きたい! 色んなことをもっと知りたい!」

となって、余計に「働きたくない」に向かってしまったのですが(笑

まぁでも、自分探しをした結果、「やっぱり働きたくない自分」を見つける事ができて、こんなブログが出来ました。

で、このブログを書いているうちに、今まで自分が身につけたアフィリエイト、コーチング、人生哲学を全部「働きたくない」に絡めてしまえばいいんだ、と気がついたわけで。
なんだかんだで、自分探しから新しい物が生まれたと言えるかも?

学生の方であれば、色んな職業体験をしてみるのもいいかもしれませんね。

なんだかんだで、わたしも家庭教師のバイトをして「めんどくさい」と感じたことは収穫だったのかもしれません。
雇われて時間労働をしたくない一番の理由が「めんどくさかったから!」と即答できますから(笑

「やりたいこと」を見つけるのは、人生最大のテーマと思うんですよ。

自分と向き合って見つけることもとても大切です。
わたしの性別の問題は、徹底的に自分と向き合う必要がありましたからね。

ですが、それだけでなく、見聞を広めることで「これやりたいな」というのが出てくるのも事実。

たぶん、両方バランスよく必要だと思うんですよ。

わざわざ旅をしなくても、普段読まないような雑誌を読んだり、普段いかないお店に行ってみるとかも良いと思います。

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です