「働かないで生きていくことは出来る」と自信を持つことが重要

doyagao

「働きたくない」を実現するために一番重要なことは何だと思いますか?

信念?
才能?
運?

まぁ、このブログ記事のタイトルで答えが出ちゃってるんで、予想はつくと思いますが「自信」です。

コーチング理論では「ゴール達成能力の自己評価」をエフィカシーと言いまして。

エフィカシーが高ければ高いほど能力が高くなるのですよ。

ですから「働きたくない」と思うなら「働かずに生きていくことは出来る」と、自信を持つことが重要なのですよ。

このエフィカシー、根拠の無い自信という表現がされていまして。
自信を持つのに、別に根拠は必要ないんですよ。

そもそも、人間の脳は10%も使われていないようなことは昔からよくいわれていますよね。
だったら、残り90%のうち1%でも開花させることが出来れば、劇的な効果が出るわけです。

ある意味では、この「残り90%」が根拠ですね。

というわけで、わたしもあなたも、まだまだものすごい能力を持っています。
エフィカシーをがんがん上げていけば「働きたくない」くらいは余裕で達成できます。

これは本当の話なのですよ。

結果を出したから自信を持つんじゃなくて、自信があるから結果を出すんですよ。

これは私自身にも心当たりがあって。

わたしは「性別のせいでさんざんひどい目にあってるんだから、お金と時間くらい自由になって当然」と思ってたんですよ。

はっきりいって、関連性ないですよね。

でも、無理やり結びつけて「時間とお金が自由にならないとおかしい」というくらいに強烈に高いエフィカシーを持っていたんですよ。

自分は働きたくないと思っている。
そう思うんだから、実現できないとおかしい。
実現できないなら、そもそもこんなこと思わないし。

…と、こんな適当でいいんですよ。

ただまぁ、問題点がありまして。

「根拠の無い自信を持て!」と言われて、いきなり持てますかという話なんですよね。
これって本当に難しくて。

残り90%が根拠と言われてもなぁ、と。
適当でいいって言われても、自信持てないよ、と。

実際、わたしもこのブログを作る前に自信喪失の状態だったんですよ。
理論はわかってても、とにかくエネルギーが出ない。
エフィカシーが下がっているとわかっていても、上げる気にすらならないんですよ。

結局、このエフィカシーをどうやって上げていくかがすべての肝なのかもしれませんね。
そして、コーチングの個人セッションは、結局「エフィカシーを上げるためのセッション」なんですよね。

この辺、どうしていけばいいのか、また話していきますね。

とりあえず、重ね重ね言いますが「働きたくない」は、ちゃんと実現できます。
「こんな生活をしたい」というエネルギーが湧き上がるようなゴールを想定して、きっちりと自信をもてば、あとは行動するだけです。

そのためには

・徹底的に自分と向き合って、ゴールを設定する
・根拠の無い自信を持つ

これだけなんですよ。

ただ、シンプルなんだけど、これがまた奥が深いんですよね。

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です