「働きたくない」を通して、苦しんでいる人を元気づけたいのです

20100729

ちょっとブログの研究のために「働きたくない」の関連ワードでいろいろなブログを見てみたんですよ。
で、とても悲しい気持ちになったので、今日はその話を。

やっぱ、世の中には働きたくない人っていっぱいいるんですよ。

その中で、「働きたくない」という夢に向かって行動している人もいて、それはとても素敵なことだと思うんですよ。
ある人は、ブログで収入を得ようとして、悪戦苦闘しつつも、それなりに収入を得ていました。
出来るだけ自分の好きなことを書こうとしている人で、収入まで公開していて、とても素晴らしいブログだなーと感じました。

そういう人は、同志として、素直に応援したくなるんですよね。

一方、「働きたくない」のに「ガマンして働く」という方向に向かって行動している人もいるのが、とても悲しいんですよ。
そういう人の日記は、読んでいてとてもつらいのです。

「働きたくない、でも働かなきゃいけない」

そんな気持ちがありありとあらわれていて、働きたくないのに面接にいく話が出たり。
でも、働きたくないんだから、行きたくないんですよ。

これは見ていてつらい><

で、働くのをやめたあとは、病んでしまったようで…

つらすぎる(つд⊂)エーン

人は、何か希望を感じて生きることが出来れば、ある程度は元気でいられると思うんですよ。

だから、わたしは「働きたくない」という夢はかなうものだと伝えたいのです。

それが、結果として「なんか結局楽しく働く道を見つけた」でもいいと思うんです。
逆に「生活保護だけど好きなこといっぱいしている」でもいいと思います。

とにかく、既存の働き方にとらわれて、病んでしまう人が少しでも減って欲しいのです。
冗談でなく、命にかかわることもありますからね…

わたしは「働きたくない」は、魂からのメッセージだと思います

常識やしがらみや上手く行かないことがいっぱいで苦しくなって。
「このままじゃいけない!」と感じているからこそ、強く「働きたくない!」と感じるのだと思います。

この魂からのメッセージを無視せずに、「働きたくない」に向き合って、他人軸じゃない、本当に自分が望むゴールへと向かって行って欲しいと思うのです。
常識に縛られた真面目さなんて叩き壊して、自分が愉快と思う楽しい道を見つけてもらいたいのです。

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です