同じことを続けていると飽きてしまう

aki02

働きたくないブログを書き始めて約2週間。

作りたてのときはものすごいエネルギーで楽しくて仕方なかったんですけど、なんかいつの間にか「出来れば毎日更新したい」という気持ちになって。
なんとなくしんどくなってきて。

一体何なんだろうなぁと思ったのですが、なんとなく飽きてきたらしいです。

出来れば毎日続けたかったのですが、「働きたくないブログ」に縛られるとか、本末転倒だなーと思って、休もうと決めたのですよ。

その結果として「同じことをずっと続けていると、飽きて嫌になる」というのが、働きたくない理由の1つだと気づいたのです。
なんという副産物。

もしこれが収入を得る仕事だとしたら「飽きたからやめる」と言えないのですよ。

飽きてきたのに、ずーっと続けないといけない。
そう思えば思うほど、嫌気が差してくる。

で、無理してでも、面白みを見つけていかなきゃならない。

これはしんどいですね…

飽きっぽさって、やっぱ人によってそれぞれ違うと思うんですよ。
1つのことを続けるのが得意な人もいれば、そうでない人もいるわけで。

それなのに、仕事だと、そういうこといったら怒られるんですよ。

でも、飽きるもんは飽きるんです!

わたしの場合は、ブログを10年以上続けているので、1つのことを続けるのが得意かなと思ったのですが、実は書いている内容がどんどん変わっていってるんですよね。

・最初はゲームの記事を書いていた
・イラストメインの時期もあった
・ニュースにつっこみを入れていた時期もあった
・アニメの感想を書いていた時期もあった
・脱毛についてひたすらまとめたブログを作った
・今は観光地巡りレポートが多い

というかんじで、最初にやっていることが原型とどめていないんですよ。
ぜんぜん別の内容に。

おかげで、飽きずに続けられているわけですね。

その中で、キン肉マンの感想記事とポートレートだけは続いているのですが、キン肉マンの感想記事は週に1回だけなので続けやすいのです。

そしてポートレートも、写真を掲載する頻度は高いのですが、撮影自体は時々なわけで、毎日撮ったりしてるわけじゃないんですよね。

だから続けられるのでしょう。

なんか「特定の趣味を毎日何年も続けなきゃいけない、休みは週2回程度」というのは、わたしにはあわないようです。

2週間くらい燃え上がって、飽きたら別のことをやって、そのうち気が向いたらまた戻ってくる…みたいなスタイルが自分にあってるんですよね。
根本的に好きでやってることなら、しばらく離れたら、またやりたくなる可能性も高いですしね。

というわけで、別に働いてもいいけど、飽きたらさっさと別のことをやりたいですね。

気まぐれにいろんなことをする自由が欲しいのです。

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です