好きなことをやっていて働いている自覚が無いのに、結果的に働いていることになっているのが理想

2015042619-thumb

このブログの結論になっちゃうんですけど、結局のところ

「まわりから見て働いているように見えるけど、本人は好きなことをやっているだけなので、働いている自覚がない状態」

というのが理想なんですよね。

「仮にお金が儲からなくても、好きだから続けていること」で、生計がたてば、「働いている」という感覚はないわけです。
わたしでいえば、上のようなコスプレ写真をたくさん撮って写真集を作って販売して、それで生計がたてば、「働いている」というより、ただ単に好きなことやってるだけになるんですよ。

実は、わたしはブログ運営でこの状態を実現できてたんですよ。

もともとアクセス数の多かったブログにクリック広告を貼って、それだけで月収20万くらい稼ぐことができたんです。
好きなことを書いていましたし、検索から集客できていたんで、別に毎日更新しつづけなければならないわけでもなく、好きなときに更新すればOKでした。

更新頻度自体は高かったですが、そもそも好きでやっていたので「働いている」という感覚は全くゼロでした。

ただ、これでもいくつか問題ありまして。

・収入に一喜一憂してブログのアクセス数を異常に気にするようになってしまった
・広告単価が落ちると収入も落ちた
・諸事情で使用ドメインで広告が使えなくなったので、収入がガタ落ちした

というかんじで、やっぱり悩みはあるんですよね。

最後の「広告が使えなくなった」はともかくとして、アクセス数にふりまわされたり、広告単価に左右されるのはきつかったんですよね。

「趣味を仕事にしないほうがいい」と言う人がいますが、このへんの「趣味でやってたことなのに、お金がからんできてストレス要因になる」という問題点をいっているのかなーと思います。

だからといって、「趣味は仕事にしない」というのは逃げの解決策だと思うんですよね。
仕事自体が大好きなら別にいいのですが、そうでないなら、せっかくの人生時間がもったいないと思うのです。

そこで、複数の趣味から収入を得るのが良いと思っています。

ブログ運営したり、たまに何かを教えたり、電子書籍を作ってみたり。
それこそ、その中に「週2回くらいの職業体験」ということで、何かバイトを入れてみてもいいかもしれませんね。

2ヶ月くらいのスパンで色んな職業を体験してみること自体を趣味にしてしまうのも面白いかなーと思います。
この場合は、別に「体験してみる」という目的なんで、ひどい職場ならさっさとやめちゃえばOKですし。

というわけで、「いかにして複数の趣味でお金を稼ぐか」が、働きたくないけどお金が欲しいという願望を実現する方法の1つだと思います。

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. KAZUMAN より:

    日本人は働き者なんていうのは嘘で一部の働くのが大好き人間は別として大半は働かされ人間なんですよ。私は団塊世代の人間ですが、高度経済成長の渦の中で夢中で働いていましたが、厚生年金で生活するようになってからは『もう働きたくない』ですね。働かない生活を実践している人間です。ところで『ゆきにゃー』さんは20代中盤と思われますが、40~50年後のことを考えたことはありますか。そんな先の事知らないわとお思いでしょうが確実にやってきます。年金は払ってますか。日本経済が崩壊しない限りは年金制度は崩壊しませんが国民年金では生活できませんね。今は未だ若いのでそれなりの収入を得ることは出来るでしょうが、いつまでも続けられるとは到底思われませんので先行きどうするのか気になりますね。『そんなこと分かってる、余計なおせっかい』と思われるのなら御免なさい。『働きたくない』気持ちは分からないでもありませんが、働かなくては収入を得られませんので趣味と実益を兼ねているので大して苦労はしていないとは言っても働いているのには変わりありません。あなたの言う『働きたくない』というのは人に使われたくないということかな、ならば社長になればいい、でも社長といえどもお客様に働かされているので変わりありませんね。
    年金か生活保護の恩恵を受けてない限りは労働の呪縛から逃れることは残念ながら出来ません。
    話は変わり私事ですが、労働の呪縛から解放された数年前から婆装(年老いた女装)に芽生えてしまいました。現役時代は仕事に追われて余裕はありませんでしたが潜在意識の中に有ったのか、婆装で買い物などに出かけて楽しんでおります。スカートは無理ですがガウチョパンツ程度なら穿いて出かけた事はあります。夏場はチュニックでした。
    頭も薄くなってきましたしそろそろ限界は近づいていますけどね。
    話を戻して『労働とは人間性を失わせる悪行』ですが、生きていくためには必要不可欠な行為なので仕方ありませんね。
    長くなりましたが最後に『ゆきにゃー』さんの写真を沢山ダウンロードして壁紙に利用させていただいています、ありがとうございます。
    今後も御活躍されますようのに、ごきげんよう。

    • ゆきにゃん より:

      「人に使われたくない」というのもあるんですけど、それだけじゃないんですよね。
      そんなわけで、わたしの中の「働きたくない」とは一体何なのか、と向き合っているかんじですかねー

      未来に関しては、変化が激しい時代ですし、どちらかというと「変化に対応する力を養う」というのが重要かなーと思ってます。
      そういう意味では「時代についていくためにも、いろんなことをやっていったほうがいい」という意味でも、「ほんとに働かない状態にする」のは難しいのかもですね><

      ちなみに、このブログ自体が、新しいブログツールを使ってみたり、やっていることの幅を広げるための新しい挑戦という意味合いもあるんですよね。
      ほんとは何もせずに怠けたいんですけども(笑

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です