働きたい時だけ働いて、働きたくない時はのんびりしたい

mendokusai

「働きたくないブログ」を毎日更新しようとしていると、めんどくさくなってきました(笑
日数にすると11日くらい継続した状態ですね。
ネタはまだまだいくらでもあるんだけど、ちょっと停滞期なのかもしれません。

まぁそんなわけで、今日は気がすすまないとかんじているわけです。

「働きたくないブログ」なんだから、こーいうときは休むのが正しいのでしょう。
大体、このブログで情報発信してるのが「働いてる」ということになるのではないか、という矛盾がありますしね。

今の状態は「働きたくない」という気持ちを形にするのすら億劫なくらい、働きたくないという状態なんだなと気づいてしまいました。
でも、これは逆に言うと、今こそ「働きたくないブログ」を書くのにふさわしい状態だということです!
働きたくない気持ちがMAXに来ているわけですから。

やっぱりわたしは働きたくない!
そう思うと、エネルギーが出てきました。

「働きたくないというのもめんどくさいくらい働きたくない」という気持ちを形にすればいいのです!
もう、なんか意味がわかりませんね…
…我ながらひねくれものすぎます(;´Д`)

今回ポイントなのは「人間、休みたいときもある」というわけですよね。
何も考えずに寝ていたい時もあるんですよ。

こう考えると、「働きたくない」という思いの1つとして「働きたい時だけ働いて、働きたくない時はのんびりしたい」というのがあるなぁと思ったのです。

そもそも、当たり前ですよね、コレ。
自分のペースでやりたいときにやりたいことをやるのが、一番生産性が高いわけです。

なのですが、今の日本は普通に雇用されると、そういうことはなかなか出来ないわけで。
自分のペースで働くのが難しいんですよね。
結果、他人のペースなんで、やる気も出なくて生産性も低くなってしまいます。

「働きたくない」とはいうけど、本気で「働きたくない」かというと、意外とそうでもない部分もあるなぁと。
自分のペースで好きなときに働いて、遊びたいときはのんびりしたい欲求があるんですよね。

それこそ、年単位で考えて、「去年は遊んでばっかりだったし、今年はちょっとくらい働こうかな」というノリでいいと思うんですよ。
ほんとに遊んでばっかりいたら、そのうち人の役に立つ社会性のあることやってもいいかなーと思う可能性もありますし。

なんとなく今の世の中は「常に働いているのが当然」というかんじなんですよね。
1年や2年の空白を作って、のんびり好きなことをするのも必要だし、働く時間ももっと減れば、「働いてもいいかな」となるのになぁと。

というわけで、今の価値観では「働く」は重すぎるのかもしれません。

そして、私自身が「働く」について、重いイメージを持っているのも問題なんだろうなぁと思いました。
この辺は、自分の認識を書き換えていきたいところですね。

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です