「働きたくない」と「怠けたい」は違う

blackjack

「働きたくない」というと「怠け者」と思われがちです。
実際「ニート=怠け者」というような感覚がありますよね。

ですが、これって本当にそうなんでしょうか?

わたしの過去の事例なのですが、アフィリでそこそこ稼いで貯金を溜めた後、燃え尽き症候群になったことがあるのですよ。
その時は、1年くらいゲームばっかりしてたんです。
自分で「何の生産性もなくゲームばっかりやって、自分はダメな人間だ」と感じたんです。

でも、今から当時を振り返ると、別に怠けていたわけじゃないんですよ。
むしろ、めちゃくちゃ頑張ってゲームをしてたんですよ。
それこそ、自分自身に対してハードルの高い目標を設定して、そのために1年近く練習を続けて、最後の最後にはしっかりその目標を達成したんですよ。

わたしは「デススマイルズ」という弾幕シューティングゲームが大好きでして。

デススマイルズ Xbox 360 プラチナコレクション

たぶん、今まで生きてきた中で一番やりこんだゲームなんですよ。
大好きだったから、普通にノーコンティニュークリアしただけでは飽きたらず。
わざわざ最高難度にして、必死に練習してたんですよ。

ゲームはこんなかんじで、大変ひどい難易度でした(笑
最初は「これ無理!」となったのですが、通しでクリアできるように1年近くかけて何度も練習して、攻略パターンを作っていきました。

もちろん、クリアしたからって何がもらえるわけでもなく。
エンディングが変わるとかもなく。
単なる自己満足です。

これを「怠けている」かというと、個人的には「よく頑張ったなぁ」と思うのですよ。

ダメ人間の典型例といえるネトゲ廃人だって、同じように考えてみると、見方が変わります。

1日10時間以上PCの画面に向き合い、キャラクターを育てつづけ、レアアイテムを入手するために何度もボス敵に立ち向かい、人によってはチームのリーダーになったりして。
「ネトゲ真剣に向き合っているし、怠けているには程遠い」と思えるのですよ。

もっとも、ゲームをやりこむのは「社会性がない」ということで「怠けている」という風に考えられるかもしれません。

では、サイト運営の場合はどうでしょうか?

わたしは10年以上前からサイト運営をしていまして。
当時はアフィリエイトも今ほど知られておらず、ほとんど無報酬でやっていました。
まぁ同人活動をしていたので、厳密には無報酬ではなかったのですが、サイト運営そのものは完全に無報酬でした。

そして「働きたくないなぁ」と思いながら、怠けること無くサイトを更新し続け、閲覧者に喜んでもらってました。
別に「怠けたい」というわけじゃなかったんですよ。
自分の大好きなサイト運営のために無報酬でも楽しみながら、時には苦しい思いをしながらも、更新し続けていました。

そして、ある時「グーグルアドセンス」というクリック広告を教えてもらいます。
そうして、とりあえず貼ってみると、1ヶ月6万円の収入に!

この後、一旦は収入が落ちたのですが、広告を最適化して収益を伸ばすことを学び、月収20万円までいって、サイト運営だけで生活出来るようになったのです。

ここに、わたしの「働きたくない」の願いは一旦成就することになります。

「働きたくない」とずっと思い続けていました。
でも「怠けたい」とは違いました。
サイト運営が好きだから、真剣に向き合っていました。

そうしてサイト運営を続け、たくさんのアクセス数を得るという社会性のある行為を続けていたおかげで、ある日それが十分な収入をもたらしてくれるようになったのです。

こうして考えると、「働きたくない」といっているからとって、別に「怠けたい」というわけではないのですよ。

敢えていうなら「お金を稼ぐような活動をしなきゃ」と思いながら、その活動から目をそらして、「やりたいことだけやっていた」と言えます。
でも、結果的には、その活動でお金を稼げるようになったわけで…
別に無理して経済活動せずに、サイト運営に全力投球で正解だったんですよね。

好きこそものの上手なれ。
好きなことを思い切りやっていれば、別にそれでよかったんです。

人間、やりたくないことは、やらずにいたいって当たり前ですよね。
それを「ガマンしてやっている」というのが、えらいことなのか、と。
人類は、そんなにガマンしなきゃ生きていけないのでしょうか?

これに関しては、社会の価値観では「そうに決まってるだろう、当たり前」というふうになっちゃうと思います。

ですが、認知科学をベースにしたコーチング理論では「やりたいことだけをやるのが、生産性も上がって理想的」となっているんですよ。
「100%やりたいことだけをやるのが正解」というのが、科学的にも証明されているんです。

わたしがよく本を読んでいる苫米地英人さんは

「やりたくないことをやれというのが反社会的。やりたいこと以外はやっちゃダメ」

とまで言い切っています。

はっきりいって「怠けたい」というのは「やりたくないことを、無理してやろうとしているから」だと思います。
そんなの、やりたくなくて当然です。
だって、やりたくないことなんですから(笑

やりたいことに向き合っていれば、別に「怠けたい」とは思わないはずです。
もちろん「休みたい」とは思いますけどね。

こう考えると「働く=やりたくないことをガマンしてやって会社や社会に貢献する」という変な価値観があるのかもしれません。

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノン

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です