日本の雇用環境の劣悪さは「働きたくない」の本質的な理由ではない

manin

「働きたくない」という理由で、真っ先に出てきそうなのは、日本の労働環境の劣悪さです。

・ブラック企業
・サービス残業
・お客様は神様
・仕事は我慢料
・プライベートより仕事を優先
・満員電車
・過労死
・仕事で鬱になる

軽く挙げてみても、これだけ出てきます。
正直、わたしが「働きたくない」と思った最初の理由はこれだったんですよ。

「週4日くらいでのんびり働きながら、贅沢をせずに過ごしていく」というようなライフスタイルが許されない。
探せばあるんでしょうけど、それが見えにくくなっているというのもありますね。

「働きたくない原因は何か?」と言われたら「日本の労働環境が狂っているから!」と答えたくなるんですよ。

…ですが、本当にこれが原因なのでしょうか?

もし「週4日くらいでのんびり働きながら、贅沢をせずに過ごしていく」というようなライフスタイルが可能だったとして。

働きたいでしょうか?

「それでも、わたしは働きたくない!」

自分で言うのも何ですが、本当に働きたくないんだなぁとしみじみと感じますね…

もちろん、「だいぶマシ」とは思います。
耐えうる範囲内になると思います。
でも、やっぱり働きたくないんですよ。

そもそも「耐えうる範囲内」といってる時点で「働きたくない」んですよ。

こう考えると、実は「日本の労働環境がおかしい」というのは、「働きたくない」の表面的な理由にすぎないのかなぁと思いました。

もっと奥底に「働きたくない」という気持ちが存在していて。
それをさらに強めるのが「日本の労働環境の問題」だったんですよ。

もちろん、労働環境がまともになるに越したことはないです。

サービス残業やブラック企業、満員電車などが淘汰され、みんながもっと健全な環境で働けるようになったらいいなぁと切に願います。

でも、それはそれ、これはこれ。

どっちにしろ、やっぱり働きたくない。

まぁ、1ヶ月だけ経験として、普段やらない仕事をやってみるのは面白いかもしれません。
でも、それは「普段は働かないでいる」という前提があってのこと。
もはや、それは「働く」というより「1ヶ月の職業体験をして遊ぶ」という道楽に近いです。

継続して働き続けるのは、やっぱりごめんですね。

こう考えると、どうやら「働きたくない」の正体は、もっと深い部分にあるようです。

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

わたしが脱毛器でお肌をつるつるすべすべにした話

家庭用の脱毛器で1年足らずでお肌をつるつるすべすべにしましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
というわけで、脱毛器のことをブログで詳しくまとめています~
興味がある人はぜひ見てね☆

ケノンとトリアの効果

ケノンを使った体験談

ケノン購入ガイド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. クラァ より:

    ゆきにゃんには絶対に働いて欲しくないw
    プリンセス職に就いて欲しいw
    そして皆の者には、健全な環境を用意してやって「王国の為に働きなさい」とw
    (王国=家庭という見方もw)

    • ゆきにゃん より:

      プリンセス職、いいですね!
      どうやったらつけるかなぁ…
      とりあえず、王国民募集(笑

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です